menu

A01 山本 浩二

山本 浩二 

公募 A01

所 属

東京工業大学 物質理工学院

役 職

助教

連絡先

kyama@apc.titech.ac.jp

研究室HP

http://www.apc.titech.ac.jp/~tmurahashi/index.html

研究課題

サンドイッチ骨格に基づく非対称構造の構築

研究組織

研究協力者:村橋哲郎(東京工業大学物質理工学院・教授)

研究内容

金属周りのキラル環境場の構築は、不斉分子認識や不斉触媒反応等、キラル構造に基づく特異な性質を示すことから、活発に研究がなされている。一方、後周期遷移金属におけるサンドイッチ錯体群は基質を金属中心上で受容する能力がなく、金属中心を不斉分子認識や不斉反応場などの物性発現のプラットフォームとする不斉反応にはほとんど用いられてこなかった。本研究課題は、後周期遷移金属多核サンドイッチクラスターの構造ユニットを用いて、金属-金属結合上に不斉軸を有する錯体や金属原子上に不斉中心を有する錯体を合成し、非対称配位圏の設計・構築方法の確立することを目的とする。また、後周期遷移金属サンドイッチ錯体は配位子受容能力を示す特徴を利用、非対称骨格構造に基づいた不斉認識反応や不斉触媒反応へと展開することを目指す。

専門分野

錯体化学・有機金属化学・触媒化学

研究キーワード

サンドイッチ錯体、クラスター、オリゴマー化、分子認識

研究業績

2019

[5] Extended Open-Chain Polyenides as Versatile Delocalized Anion Ligands for Metal Chain Clusters,
Mitsuki Yamashita; Yuna Kawasumi; Yuki Tachibana; Shinnosuke Horiuchi; Koji Yamamoto; Tetsuro Murahashi, Chem. Eur. J., 25, 1212 - 1216, 2019
DOI: 10.1002/chem.201805800.

2018

[4] Three-Dimensional Sandwich Nanocubes Composed of 13-Atom Palladium Core and Hexakis-Carbocycle Shell,
Masahiro Teramoto; Kosuke Iwata; Hiroshige Yamaura; Kenta Kurashima; Koshi Miyazawa; Yuki Kurashige; Koji Yamamoto; Tetsuro Murahashi, J. Am. Chem. Soc., 140, 40, 12682 - 12686, 2018
DOI: 10.1021/jacs.8b07430.
[3] Bimodal Coordination of Fused Arenes to a Pd3 Cluster Site,
Tsuyoshi Sugawa; Koji Yamamoto; Tetsuro Murahashi, Chem. Commun., 5875 - 5878, 2018
DOI: 10.1039/c8cc02880j.
[2] Contiguous Multiple π-Coordination of π-Conjugated Polyenes: Bonding Nature and Charge Delocalization Behaviour of Polyene-(Palladium Chain) Sandwich Cluster,
Mariko Yamane; Mitsuki Yamashita; Koji Yamamoto; Tetsuro Murahashi, Phys. Chem. Chem. Phys., 20, 6, 4287 - 4296, 2018
DOI: 10.1039/C7CP06735F.

2017

[1] Bridging Coordination of Vinylarenes to Pd3- or Pd4 Cluster Sites,
Yuki Ishikawa; Seita Kimura; Koji Yamamoto; Tetsuro Murahashi, Chem. Eur. J., 23, 57, 14149 - 14152, 2017
DOI: 10.1002/chem.201703023.