menu

A01班 阿部 肇

 阿部 肇 

公募 A01

所 属

姫路獨協大学 薬学部

役 職

教授

連絡先

abeh@gm.himeji-du.ac.jp

研究室HP

http://www.himeji-du.ac.jp/faculty/dp_pharm/pharm/

研究課題

ゲスト分子から非対称性が誘起される超分子ホスト錯体の研究開発

研究組織

研究協力者:井上 将彦(富山大学大学院医学薬学研究部(薬学)・教授) 研究協力者:大石 雄基(富山大学大学院医学薬学研究部(薬学)・助教)

研究内容

超分子化学、ホスト・ゲスト化学に基づいて設計された、ピリジン環とフェノール環からなる「ピリジン−フェノール交互型フォルダマー」(フォルダマー:一定の剛直性を持ち、折りたたみ式 (fold-) に高次構造をとれるオリゴマー (-mer))を基に、非対称な配位場の構築を目指す。例(図左、化合物1)のように、側鎖に配位部位を導入したフォルダマーを作成し、内孔の糖質ゲストを入れ替えると錯体上の立体が制御できる系(図右、スキーム)、すなわち「糖質ゲスト→ フォルダマーのらせん → 側鎖の錯体部位」と非対称性が伝播する機構を実証する。化合物1の主鎖は強く(Ka = 10,000,000 L/mol 以上)糖質ゲストを認識することが分かっている。機構の実証に続いて一般性を調べ、ゲストとなる糖質、錯体中心となる金属などをさまざまに変えながら、らせん構造やキラル特性、錯体構造の制御を調べる。

専門分野 ホスト・ゲスト化学、超分子化学、有機合成化学
研究キーワード らせん型オリゴマー、フォルダマー、水素結合、糖質ゲスト、キラル転写

研究業績

2018

[4] Metathesis-Based Stapling of a Pyridine−Acetylene−Phenol Oligomers Having Alkenyl Side Chains after Intermolecular Templation by Native Saccharides,
Hajime Abe; Chihiro Sato; Yuki Ohishi; Masahiko Inouye, Eur. J. Org. Chem., 2018, 24, 3131 - 3138, 2018
DOI: 10.1002/ejoc.201800531.
[3] Hexaphenolic Rigid Cages Prepared by Self-Organization of C3v Tridentates,
Hajime Abe; Daisuke Hashikawa; Takaya Minami; Kohei Ohtani; Kentaro Masuda; Shinya Matsumoto; Masahiko Inouye, J. Org. Chem., 83, 3132 - 3141, 2018
DOI: 10.1021/acs.joc.7b03111.

2017

[2] Saccharide Recognition and Helix Formation in Water with an Amphiphilic Pyridine-Phenol Alternating Oligomer,
Yuki, Ohishi; Hajime, Abe; Masahiko Inouye, Eur. J. Org. Chem., 6975 - 6979, 2017
DOI: 10.1002/ejoc.201701522.
[1] Preparation and Higher-order Structures of 2,6-Pyridylene and 2,6-Pyrazylene Alternating Macrocycle with the Inner Nitrogen Atoms in All the Aromatic Rings,
Daiki Suzuki; Hajime Abe; Takaya Minami; Shinya Matsumoto; Masahiko Inouye, Chem. Lett., 46, 1740 - 1742, 2017
DOI: 10.1246/cl.170815.