menu

A01 三方 裕司

三方 裕司

公募 A01

所 属

奈良女子大学 研究院自然科学系

役 職

教授

連絡先

mikata@cc.nara-wu.ac.jp

研究室HP

http://www.chem.nara-wu.ac.jp/~mikata/index.html

研究課題

(イソ)キノリン含有配位子を用いた「不斉酸素原子」の安定化

研究内容

本研究では、キノリン・イソキノリンの特性を存分に発揮できるさまざまな配位子および金属錯体の設計を通して、中心金属の特長と配位環境の特性を最大限まで引き出すことにより、これまでほとんど報告例の無い、「不斉酸素原子」を有する化合物の構築とその安定化および光学分割を目的とする。化合物中に存在する原子の中で、不斉中心となり得る原子には昔から炭素、硫黄(スルホキシド)などがよく知られており、さらに光学活性な窒素、リンおよびその他の後周期元素も多数報告されている。本研究では特に、金属に配位した酸素原子上にキラリティーを発生させる手法の開拓を目指す。より精密に分子設計された配位子を用い、適切な金属イオンの選択を通じて「不斉酸素原子」という概念を一般化することを目的とする。

 

専門分野

生物無機化学、有機化学、錯体化学

研究キーワード

イソキノリン、キノリン、不斉酸素原子、エナンチオマー、光学分割

研究業績

2021

[5] N,N,N’,N’-Tetrakis(3-isoquinolylmethyl)-2,6-lutidylenediamine (3-isoTQLN): A Fluorescent Zn2+/Cd2+ Dual Sensor as a Hybrid of 2-Quinolyl/1-Isoquionolyl Counterparts TQLN/1-isoTQLN,
Yuji Mikata; Ayaka Takekoshi; Minori Kaneda; Shizuka Yonemura; Yuri Aono; Arimasa Matsumoto; Hideo Konno; Shawn C. Burdette, Eur. J. Inog. Chem., in press, 2021
DOI: 10.1002/ejic.202001171.
[4] Structure and electrochemical properties of (µ-O)2Mn2(III,III) and (µ-O)2Mn2(III,IV) complexes supported by pyridine-, quinoline-, isoquinoline- and quinoxaline-based tetranitrogen ligands,
Yuji Mikata; Yasuko Kuroda; Kyoko Naito; Kana Murakami; Chihiro Yamamoto; Shoko Yabe; Shizuka Yonemura; Arimasa Matsumoto; Hajime Katano, Dalton Trans., 50, 12, 4133 - 4144, 2021
DOI: 10.1039/d1dt00184a.

2020

[3] Conversion of (µ-OH)2Mn2(II,II) Complex to (µ-O)2Mn2(III,III) Core Supported by a Quinoxaline-Based Tetranitrogen Ligand,
Yuji Mikata; Kana Murakami; Ayaka Ochi; Fumie Nakagaki; Kyoko Naito; Arimasa Matsumoto; Ryoji Mitsuhashi; Masahiro Mikuriya, Inorg. Chim. Acta, 509, 119688, 2020
DOI: 10.1016/j.ica.2020.119688.
[2] A Tetrakisquinoline Analog of Calcium Indicator Quin2 for Fluorescence Detection of Cd2+,
Yuji Mikata; Minori Kaneda; Marin Tanaka; Satoshi Iwatsuki; Hideo Konno; Arimasa Matsumoto, Eur. J. Inog. Chem., 9, 757 - 763, 2020
DOI: 10.1002/ejic.201901323.
[1] Switching of Fluorescent Zn/Cd Selectivity in N,N,N’,N’-Tetrakis(6-methoxy-2-quinolylmethyl)-1,2-diphenylethylenediamine (6-MeOTQPh2EN) by One Asymmetric Carbon Atom Inversion,
Yuji Mikata; Kana Nozaki; Marin Tanaka; Hideo Konno; Arimasa Matsumoto; Masaya Kawamura; Shin-ichiro Sato, Inorg. Chem., 59, 8, 5313 - 5324, 2020
DOI: 10.1021/acs.inorgchem.9b03304.