menu

A01 劔 隼人

劔 隼人

公募 A01

所 属

大阪大学 大学院基礎工学研究科

役 職

准教授

連絡先

tsurugi@chem.es.osaka-u.ac.jp

研究室HP

http://www.chem.es.osaka-u.ac.jp/organomet/

研究課題

単核錯体とクラスター錯体の複合化による非対称配位圏の精密設計と触媒反応への展開

研究内容

新物質創成の基盤技術である有機合成化学の発展において、廃棄物が少なく、高効率的・高選択的な合成反応の開発につながる遷移金属錯体触媒の開発が最重要な研究課題である。特に、活性中心の周囲に配位子によって精密に設計された配位空間である「非対称配位圏」を構築し、活性中心の反応性を制御する高機能な触媒の分子設計が求められている。従って、本新学術領域研究が掲げる「配位空間の分子レベル制御による“非対称配位圏”の設計に向けた方法論の開拓」は、触媒機能の飛躍的な向上につながる重要な研究対象である。本研究では、複数の金属と架橋酸素から構成される金属酸化物クラスター錯体が金属酸化物の分子モデルであり、その架橋酸素上に新たな単核触媒種を導入することで、単核錯体上の配位子による第一配位圏に加え、クラスター錯体上の配位子による第二配位圏までを含む“非対称配位圏”を分子レベルで設計することを目的とする。

専門分野

錯体化学、有機金属化学、触媒化学

研究キーワード

金属クラスター、金属酸化物クラスター、段階的集積化

研究業績