menu

A01 藤井 浩

藤井 浩

公募 A01

所 属

奈良女子大学 研究院自然科学系

役 職

教授

連絡先

fujii@cc.nara-wu.ac.jp

研究室HP

http://www.chem.nara-wu.ac.jp/~fujii/index.html

研究課題

金属酵素の機能発現の分子機構の解明

研究内容

Jacobsen触媒は優れた不斉金属錯体触媒の一つである。Jacobsen触媒は他の不斉触媒と同様に、金属イオン周辺がアシンメトリーな構造になっていると考えられていたが、そのX線構造は左右ほぼ対称な平面構造となっていた。Jacobsen触媒がどのようにしてアシンメトリーな環境を作り出して不斉反応を触媒しているのかは未だ謎で、その機構解明は今後の不斉触媒開発に有用な知見を与える。本申請者らは、Jacobsen触媒が通常のマンガン3価からマンガン4価に酸化され、軸位に配位力の強い配位子が結合すると、マンガンイオン周辺がアシンメトリーな環境になることを見いだした(研究目的欄図2と3参照)。本研究では、この成果を基盤としてJacobsen触媒が構造変化を引き起こす分子機構を解明することをめざす。

専門分野

生物無機化学、磁気共鳴、錯体化学

研究キーワード

不斉酸化、活性種、金属オキソ、酸化剤付加錯体、サレン

研究業績