menu

A01班 坂本 良太 

 坂本 良太

公募 A01

所 属

東京大学 大学院理学系研究科

役 職

助教

連絡先

sakamoto@chem.s.u-tokyo.ac.jp

研究室HP

https://www.chem.s.u-tokyo.ac.jp/users/inorg/sakamoto.html

研究課題

非対称配位圏がもたらす金属錯体の光新機能

研究内容

対称配位圏を有する錯体モチーフを非対称化することで機能性の向上を図る戦略は, シンプルながらも極めて有効である. この非対称性を拡張すると異方的集積体が構築でき, 光・電子などの異方的な輸送も可能となる. 筆者は2010年より上記研究を開始し, 非対称ジピリン錯体の強発光性などの知見を得た. 本研究ではこれら研究成果を更に発展させることで,「配位アシンメトリー」の概念に即した独創的・革新的な光分子材料を創製する. 

専門分野

錯体化学、光化学、ナノ科学

研究キーワード 光マテリアル、分子低次元系

研究業績

2017

[2] Liquid/Liquid Interfacial Synthesis of a Click Nanosheet,
Amalia Rapakousiou; Ryota Sakamoto; Ryo Shiotsuki; Ryota Matsuoka; Ukyo Nakajima; Tigmansu Pal; Rintaro Shimada; Amran Hossain; Hiroyasu Masunaga; Satoshi Horike; Yasutaka Kitagawa; Sono Sasaki; Kenichi Kato; Takeaki Ozawa; Didier Astruc; Hiroshi Nishihara, Chem. Eur. J., 23, 35, 8443 - 8449, 2017
DOI: 10.1002/chem.201700201.
[1] Coordination Nanosheets: Strategies, Structures and Functions,
Ryota Sakamoto; Kenji Takada; Tigmansu Pal; Hiroaki Maeda; Tetsuya Kambe; Hiroshi Nishihara, Chem. Commun., 53, 43, 5781 - 5801, 2017
DOI: 10.1039/C7CC00810D.