menu

A02班 原野 幸治

 原野 幸治

公募 A02

所 属

東京大学 総括プロジェクト機構 大学院理学系研究科化学専攻(兼務)

役 職

特任准教授

連絡先

harano@chem.s.u-tokyo.ac.jp

研究室HP

http://www.chem.s.u-tokyo.ac.jp/~common/NakamuraLab.html

研究課題

原子分解能顕微鏡動画撮影による高次配位構造の形成機序研究

研究内容

金属錯体はその構成要素である金属イオンの多彩な配位構造と有機配位子の自在設計性によりほぼ無限の構造多様性を持つ.しかし,錯体形成の過程を実験的に明らかにすることは,数多くの中間体が非周期性のクラスターであり,かつ短寿命で種々の中間種の相互変換が存在するために未だ困難である.錯体形成の過程を一つ一つの分子レベルの空間分解能,かつ個々の分子の変化を追える時間分解能で捉えられる実験手法の確立は,分子科学の一大挑戦である.本研究では,申請者がこれまで培ってきた「単分子実時間電子顕微鏡イメージング法」による有機分子の高分解能観察を基盤技術とし,単分子および分子集合体の秩序形成過程を観察することを目標とする.集積型金属錯体の中間体構造を化学修飾カーボンナノチューブでとらえ,その組成や構造を統計分析し,さらに中間体の構造変換過程を顕微鏡動画で観察することで,非周期的な乱雑構造から周期的な秩序構造へと導かれる錯体形成の反応機構を明らかにする.

専門分野 分子集合体科学、有機化学、顕微鏡科学、錯体化学
研究キーワード 原子分解能電子顕微鏡、単分子観察、分子集合体

研究業績

2018

[5] Flexibility of Components Alters the Self-assembly Pathway of Pd2L4 Coordination Cages,
Shumpei Kai; Sai Prakash Maddala; Tatsuo Kojima; Shota Akagi; Koji Harano; Eiichi Nakamura; Shuichi Hiraoka, Dalton Trans., 47, 10, 3258 - 3263, 2018
DOI: 10.1039/C8DT00112J.
[4] Acid-Responsive Conductive Nanofiber of Tetrabenzoporphyrin Made by Solution Processing,
Yonggang Zhen; Kento Inoue; Zongrui Wang; Tetsuro Kusamoto; Koji Nakabayashi; Shin-ichi Ohkoshi; Wenping Hu, ; Yunlong Guo; Koji Harano; Eiichi Nakamura, J. Am. Chem. Soc., 140, 1, 62 - 65, 2018
DOI: 10.1021/jacs.7b10575.

2017

[3] Direct Microscopic Analysis of Individual C60 Dimerization Events: Kinetics and Mechanisms,
Satoshi Okada; Satori Kowashi; Luca Schweighauser; Kaoru Yamanouchi; Koji Harano; Eiichi Nakamura, J. Am. Chem. Soc., 139, 50, 18281 - 18287, 2017
DOI: 10.1021/jacs.7b09776.
[2] Conical Ionic Amphiphiles Endowed with Micellization Ability but Lacking Air- and Oil-Water Interfacial Activity,
Hirohisa Nitta; Koji Harano; Mayuko Isomura; Ellen H. G. Backus; Mischa Bonn; Eiichi Nakamura, J. Am. Chem. Soc., 139, 23, 7677 - 7680, 2017
DOI: 10.1021/jacs.7b01596.
[1] Experimental Study on Interconversion between Cubic MOF-5 and Square MOF-2 Arrays,
Luca Schweighauser; Koji Harano; Eiichi Nakamura, Inorg. Chem. Commun., 84, 1 - 4, 2017
DOI: 10.1016/j.inoche.2017.07.009.