menu

A02 原野 幸治

 原野 幸治

公募 A02

所 属

東京大学 大学院理学系研究科化学専攻

役 職

特任准教授

連絡先

harano@chem.s.u-tokyo.ac.jp

研究室HP

http://www.chem.s.u-tokyo.ac.jp/~common/NakamuraLab.html

研究課題

錯体合成における非周期性反応中間体の捕捉と電子顕微鏡観察

研究内容

本研究では,単分子実時間電子顕微鏡(SMART-EM)イメージング法による分子集合体の原子分解能動画撮影手法を駆使し,配位高分子がその形成初期過程において次元性を獲得する過程を分子レベルで解明することで,錯体結晶構造の制御への礎となる知見を蓄積することを目標する.配位高分子研究における汎用分析手法として確立するには,(1)汎用性の実証(2)構造解析精度の向上が必要となる.配位高分子構造のナノメートルサイズの初期中間体の構造を原子分解能で決定することで,非対称性構造から周期的な秩序構造へと導かれる錯体形成の反応機構を求める.

専門分野

超分子化学,電子顕微鏡科学,有機化学,錯体化学

研究キーワード

電子顕微鏡,配位高分子,反応中間体,イメージング,反応機構

研究業績

2019

[4] Preparation of Hierarchically Assembled Silver Nanostructures based on the Morphology of Crystalline Peptide‐Silver(I) Complexes,
Ryosuke Miyake; Yukari Nitanai; Yuki Nakagawa; Junfei Xing; Koji Harano; Eiichi Nakamura; Jun Okabayashi; Takeo Minamikawa; Kairei Uruma; Katsuhiko Kanaizuka; Masato Kurihara, ChemPlusChem, 84, 3, 295 - 301, 2019
DOI: 10.1002/cplu.201800666.

2018

[3] Flexibility of Components Alters the Self-assembly Pathway of Pd2L4 Coordination Cages,
Shumpei Kai; Sai Prakash Maddala; Tatsuo Kojima; Shota Akagi; Koji Harano; Eiichi Nakamura; Shuichi Hiraoka, Dalton Trans., 47, 10, 3258 - 3263, 2018
DOI: 10.1039/C8DT00112J.
[2] Acid-Responsive Conductive Nanofiber of Tetrabenzoporphyrin Made by Solution Processing,
Yonggang Zhen; Kento Inoue; Zongrui Wang; Tetsuro Kusamoto; Koji Nakabayashi; Shin-ichi Ohkoshi; Wenping Hu, ; Yunlong Guo; Koji Harano; Eiichi Nakamura, J. Am. Chem. Soc., 140, 1, 62 - 65, 2018
DOI: 10.1021/jacs.7b10575.

2017

[1] Experimental Study on Interconversion between Cubic MOF-5 and Square MOF-2 Arrays,
Luca Schweighauser; Koji Harano; Eiichi Nakamura, Inorg. Chem. Commun., 84, 1 - 4, 2017
DOI: 10.1016/j.inoche.2017.07.009.