menu

A02班 國武 雅司

 國武 雅司

公募 A02

所 属

熊本大学 先端科学研究部()

役 職

教授

連絡先

kunitake@kumamoto-u.ac.jp

研究室HP

http://www.chem.kumamoto-u.ac.jp/~polymers/

研究課題

その場再結晶化法による配位アシンメトリー材料の創成

研究組織

研究協力者:渡邉 智(熊本大学先端科学研究部・助教)

研究内容

申請者は、straight forwardSURMOF作成手法として、基板表面でのその場再結晶化法を開発している。これは、リガンドと競争的に配位可能な揮発性分子(酢酸など)の気相共存下、熱処理することで、配位高分子の再配列(再結晶)を促す手法である。基板表面に塗布したMOFプリカーサを、酢酸蒸気雰囲気下で熱処理することでと、比較的低い温度でより広いスケールで規則性を維持した配位高分子構造(二次元MOFナノシート)を自己組織的に成長させることができる。酢酸分子とリガンドの競争的配位によって活性化エネルギーが下がり、配位子交換による再結晶を促すことが可能となる。この技術は、配位高分子構造体のエピタキシャル成長技術であり、これを利用して、界面集積、ヘテロ集積、アシンメトリー基板集積によるアシンメトリー配位高分子を開発する。

専門分野 高分子化学、電気化学、コロイド界面化学、プローブ顕微鏡
研究キーワード 自己組織化、界面での結晶化、ナノシート、二次元高分子、その場観察

研究業績

2017

[5] Necklace-Shaped Dimethylsiloxane Polymers Bearing Polyhedral Oligomeric Silsesquioxane Cages with Alternating Length Chains,
Naohiro Katsuta; Marie Yoshimatsu; Kunihiro Komori; Tsubasa Natsuaki; Kazuya Suwa; Kiyoshi Sakai; Takashi Matsuo; Tomoyuki Ohba; Shinobu Uemura; Satoshi Watanabe; Masashi Kunitake, Polymer, 127, 8 - 14, 2017
DOI: 10.1016/j.polymer.2017.08.049.
[4] Quasi-phase Diagrams at Air/Oil Interfaces and Bulk Oil Phases for Crystallization of Small-Molecular Semiconductors by Adjusting Gibbs Adsorption,
Satoshi Watanabe; Takahisa Ohta; Ryota Urata; Tetsuya Sato; Kazuto Takaishi; Masanobu Uchiyama; Tetsuya Aoyama; Masashi Kunitake, Langmuir, 33, 8906 - 8913, 2017
DOI: 10.1021/acs.langmuir.7b01603.
[3] Cohelical Crossover Network by Supramolecular Polymerization of a 4,6-Acetallized -1,3-Glucan Macromer,
Junji Sakamoto; Rio Kita; Isala Duelamae; Masashi Kunitake; Megumi Hirano; Daisuke Yoshihara; Tatsuhiro Yamamoto; Takao Noguchi; Bappaditya Roy; Seiji Shinkai, ACS Macro Lett., 6, 21 - 26, 2017
DOI: 10.1021/acsmacrolett.6b00706.

2016

[2] Direct Electrochemical Hydrogenation of Toluene at Pt Electrodes in a Microemulsion Electrolyte Solution,
Mitsuru Wakisaka; Masashi Kunitake, Electrochemistry Communication, 64, 5 - 8, 2016
DOI: 10.1016/j.elecom.2016.01.001.
[1] Direct Analysis of Lipophilic Antioxidants of Olive Oils using Bicontinuous Microemulsions,
E. Kuraya; S. Nagatomo; K. Sakata; D. Kato; O. Niwa; T. Nishimi; M. Kunitake, Analytical Chemistry, 88, 1202 - 1209, 2016
DOI: 10.1021/acs.analchem.5b03445.