menu

A02 國武 雅司

 國武 雅司

公募 A02

所 属

熊本大学 先端科学研究部()

役 職

教授

連絡先

kunitake@kumamoto-u.ac.jp

研究室HP

http://www.chem.kumamoto-u.ac.jp/~polymers/

研究課題

ソフト再結晶化法による配位アシンメトリー材料の創成

研究組織

研究協力者:渡邉 智(熊本大学先端科学研究部・助教)

研究内容

SURMOFナノシートのその場合成技術として、リガンドと競争的に配位可能な揮発性分子(酢酸など)の気相共存下、比較的低い温度で熱処理する”その場”再結晶化法を開発した。このソフト結晶化技術を、閉鎖空間での配位高分子構造体のエピタキシャル成長技術に応用する。穏やかな条件で平衡性を高めた条件での液相中での再結晶化によって、面内、面間、基板表面にアシンメトリーを導入した新たなアシンメトリー配位高分子を開発する。対称性の崩れた表面・空間を基盤とした再結晶化によって、多孔性配位高分子材料に様々なアシンメトリーの導入を試みる。(1)対称性の高いMOF結晶構造の中で、非対称性リガンドがキラリティを含めた新たな規則性を生み出し得るか?(2)単純な二次元平面にとどまらず、様々な対称性の崩れたアシンメトリー表面や空間を足場として、多孔性配位高分子のユニットセル自身に捻れを導入することが可能か?というチャレンジングな課題に挑む。

専門分野

高分子化学、電気化学、コロイド界面化学、プローブ顕微鏡、ナノ材料化学

研究キーワード

結晶成長、自己組織化、ナノシート、プローブ顕微鏡

研究業績

2017

[5] Necklace-Shaped Dimethylsiloxane Polymers Bearing Polyhedral Oligomeric Silsesquioxane Cages with Alternating Length Chains,
Naohiro Katsuta; Marie Yoshimatsu; Kunihiro Komori; Tsubasa Natsuaki; Kazuya Suwa; Kiyoshi Sakai; Takashi Matsuo; Tomoyuki Ohba; Shinobu Uemura; Satoshi Watanabe; Masashi Kunitake, Polymer, 127, 8 - 14, 2017
DOI: 10.1016/j.polymer.2017.08.049.
[4] Quasi-phase Diagrams at Air/Oil Interfaces and Bulk Oil Phases for Crystallization of Small-Molecular Semiconductors by Adjusting Gibbs Adsorption,
Satoshi Watanabe; Takahisa Ohta; Ryota Urata; Tetsuya Sato; Kazuto Takaishi; Masanobu Uchiyama; Tetsuya Aoyama; Masashi Kunitake, Langmuir, 33, 8906 - 8913, 2017
DOI: 10.1021/acs.langmuir.7b01603.
[3] Cohelical Crossover Network by Supramolecular Polymerization of a 4,6-Acetallized -1,3-Glucan Macromer,
Junji Sakamoto; Rio Kita; Isala Duelamae; Masashi Kunitake; Megumi Hirano; Daisuke Yoshihara; Tatsuhiro Yamamoto; Takao Noguchi; Bappaditya Roy; Seiji Shinkai, ACS Macro Lett., 6, 21 - 26, 2017
DOI: 10.1021/acsmacrolett.6b00706.

2016

[2] Direct Electrochemical Hydrogenation of Toluene at Pt Electrodes in a Microemulsion Electrolyte Solution,
Mitsuru Wakisaka; Masashi Kunitake, Electrochemistry Communication, 64, 5 - 8, 2016
DOI: 10.1016/j.elecom.2016.01.001.
[1] Direct Analysis of Lipophilic Antioxidants of Olive Oils using Bicontinuous Microemulsions,
E. Kuraya; S. Nagatomo; K. Sakata; D. Kato; O. Niwa; T. Nishimi; M. Kunitake, Analytical Chemistry, 88, 1202 - 1209, 2016
DOI: 10.1021/acs.analchem.5b03445.