menu

A02班 稲見 栄一

 稲見 栄一

公募 A02

所 属

高知工科大学 システム工学群

役 職

准教授

連絡先

inami.eiichi@kochi-tech.ac.jp

HP

http://www.sceng.kochi-tech.ac.jp

研究課題

キラルナノクラスターの自己組織化による超大容量不揮発性メモリの創製

研究組織

研究協力者:山田 豊和 (千葉大学 大学院工学研究院・准教授)

研究内容

本研究では、走査型トンネル顕微鏡(STM)による原子分子操作および自己組織化法を活用して、キラルスイッチ素子としての機能を備えたナノクラスターの秩序構造を構築し、その物性を微視的レベルから解明する。これにより、超低消費電力かつ高記憶密度の不揮発メモリの実現を目指す。具体的は、以下の研究を行う。(1) 単一ナノクラスターレベルでのエナンチオ選択的な化学反応の解明、 (2) 原子操作によるホモキラルドメインの創製およびその諸物性の解明、(3)自己組織化法によるキラルナノクラスターの大規模秩序構造の創製およびそのメモリデバイスとしての応用展開。以上の研究を通じて、キラルナノクラスターを機能単位とした新しいエレクトロニクスを開拓する。

専門分野 光物性、薄膜・表面界面物性、ナノ材料科学
研究キーワード 走査型トンネル顕微鏡、原子間力顕微鏡、太陽電池、原子分子操作、キラルクラスター

研究業績

2018

[5] CO-tip manipulation using repulsive interactions,
Nana K M Nazriq; E Minamitani; T K Yamada, Nanotech., 29, 49, 495701:1 - 495701:10, 2018
DOI: 10.1088/1361-6528/aae0df.
[4] Controlled Deposition Number of Organic Molecules Using Quartz Crystal Microbalance Evaluated by Scanning Tunneling Microscopy Single-Molecule-Counting,
Eiichi Inami; Masataka Yamaguchi; Takayuki Yamaguchi; Mikio Shimasaki; Toyo Kazu Yamada, Anal. Chem., 90, 15, 8954 - 8959, 2018
DOI: 10.1021/acs.analchem.8b01118.
[3] Energy gap opening by crossing drop cast single-layer graphene nanoribbons,
Toyo Kazu Yamada; Hideto Fukuda; Taizo Fujiwara; Polin Liu; Kohji Nakamura; Seiya Kasai, Nanotechnology, 29, 31, 315705, 2018
DOI: 10.1088/1361-6528/aac36b.
[2] Room temperature stable film formation of π-conjugated organic molecules on 3d magnetic substrate,
Eiichi Inami; Mikio Shimasaki; Hideki Yorimitsu; Toyo Kazu Yamada, Sci. Rep., 8, 353, 1 - 12, 2018
DOI: 10.1038/s41598-017-18605-2.

2017

[1] Investigation of atomic species in Pt-induced nanowires on Ge(001) surface by combined atomic force and scanning tunneling microscopy,
Eiichi Inami; Yoshiaki Sugimoto; Takuya Shinozaki; Oguzhan Gurlu; Ayhan Yurtsever, Phys. Rev. B, 96, 155415:1 - 155415:7, 2017
DOI: 10.1103/PhysRevB.96.155415.