menu

A02班 酒井 隼人

 酒井 隼人

公募 A02

所 属

慶應義塾大学 理工学部

役 職

助教

連絡先

sakai@chem.keio.ac.jp

研究室HP

http://www.chem.keio.ac.jp/~hasobe/

研究課題

一重項分裂を示すキラル配位高分子錯体の創出と高輝度円偏光発光材料への展開

研究組織

研究協力者:羽曾部 卓 (慶應義塾大学理工学部化学科・准教授)

研究内容

新学術領域研究では、一つの光子から二つの励起子が生成できる光物理過程である一重項分裂 (SF) と多孔性配位高分子 (MOFs) のゲスト分子貯蔵能に着目し、これらの特性とアシンメトリーな環境を協調させることによって生じる新たな光物性の開拓および光機能性材料への応用展開を目指す。具体的には、(1) 一重項分裂発現可能なMOFsおよびキラルMOFsを合成し、内部構造とSFメカニズムの関係に関して解明する。(2) SFは三重項量子収率を最大200%まで上昇できることから、燐光強度の大幅な増大が期待できる。この点に着目し、キラル化合物特有の円偏光発光特性を組み合わせ、高輝度円偏光燐光特性発現を目指す。(3) キラルMOFsの細孔内部に機能性ゲスト分子を内包させ、SF、アシンメトリー空間、ゲスト分子の機能といった特徴を最大限活用することで、単体では現れない新たな機能を発現する配位アシンメトリー光機能性材料の創製を目指す。

専門分野 有機化学、超分子化学、光化学、有機金属化学
研究キーワード 一重項分裂、多孔性配位高分子、円偏光発光

研究業績

2017

[3] Inter- and Intramolecular Electron-Transfer Reduction Properties of Coronenediimide Derivatives via Photoinduced Processes,
Motoki Yoshida; Hayato Sakai; Kei Ohkubo; Shunichi Fukuzumi; Taku Hasobe, J. Phys. Chem. C, 121, , 2017
DOI: 10.1021/acs.jpcc.7b09817.
[2] Control of the electrochemical and photophysical properties of N-substituted benzo[ghi]perylene derivatives,
Kokichi Tokuo; Hayato Sakai; Tomo Sakanoue; Taishi Takenobu; Yasuyuki Araki; Takehiko Wada; Taku Hasobe, Mater. Chem. Front. , 1, 2299 - 2308 , 2017
DOI: 10.1039/C7QM00301C.
[1] Synthesis, Structural and Photophysical Properties of Pentacene Alkanethiolate Monolayer-Protected Gold Nanoclusters and Nanorods: Supramolecular Intercalation and Photoinduced Electron Transfer with C60,
Daiki Kato; Hayato Sasaki; Toshiyuki Saegusa; Nikolai V. Tkachenko; Taku Hasobe, J. Phys. Chem. C, 121, 16, 9043 - 9052, 2017
DOI: 10.1021/acs.jpcc.7b01164.