menu

A02班 張 浩徹

 張 浩徹

公募 A02

所 属

中央大学 理工学部応用化学科

役 職

教授

連絡先

chang@kc.chuo-u.ac.jp

研究室HP

http://www.chem.chuo-u.ac.jp/~chang/

研究課題

レドックス活性キラル錯体集合体の電気化学的異方性変換

研究組織

研究協力者:松本 剛(中央大学理工学部応用化学科)

研究内容

本研究は、レドックス活性能を有するキラル錯体分子集合体を創成し、凝集相における電気化学反応を誘発することで、不斉構造と連動した異方的相状態の動的変換と機能発現を指向する。特に、レドックス能を持つ新規①八面体型、②非対称配位原子を有する四面体型及び、③ヘリカル型キラル錯体分子を用いて、不斉認識による0(非晶質)・1次元(ヘリカル構造等)・二次元(キラルスメクチック構造等)・3次元結晶構造を構築し、秩序構造の次元性を制御することで結晶相・液晶相・液体相を合理的に設計・構築する。続いて構築されたキラル分子集合体に対する直接電気化学的レドックスを誘発することで、①不斉分子の状態変換に基づいた機能、②集合相に基づいた機能及び、③その相乗効果に基づく機能発現(変換)を目指す。特に、不斉源に対するレドックス誘起を不斉源が直接構築する集合相と連動させることで、通常の分散系(溶液)では実現不可能な、不斉のON/OFF・伝搬・増幅・記録を実現する。また、電気(化学)による変換法の長所を生かした電気化学駆動型光制御機能や、電気化学駆動型—流動性・物質配列・イオン輸送等の巨視的物性の異方性制御を目指す。

専門分野 錯体化学、超分子化学、分子機能化学
研究キーワード レドックス活性分子、電気化学、キラル分子、液晶

研究業績

2018

[4] Tuning Electron Acceptability of the [Mo6S8] Core by Decorating with Methyl Groups on Face-Bridging μ3-Sulfides,
Takeshi Matsumoto; Ryoya Namiki; Ho-Chol Chang, Eur. J. Inog. Chem., 3900 - 3904, 2018
DOI: 10.1002/ejic.201800587.
[3] Direct Photochemical C–H Carboxylation of Aromatic Diamines with CO2 under Electron-Donor- and Base-free Conditions,
Takeshi Matsumoto; Daiki Uchijyo; Takuji Koike; Ryoya Namiki; Ho-Chol Chang, Sci. Rep., 8, 14623, 2018
DOI: 10.1038/s41598-018-33060-3.
[2] Tuning the Mesomorphism and Redox Response of Anionic‐Ligand‐Based Mixed‐Valent Nickel(II) Complexes by Alkyl‐Substituted Quaternary Ammonium Cations,
Yuichi Nakamura; Takeshi Matsumoto; Yasutaka Sakazume; Junnosuke Murata; Ho-Chol Chang, Chem. Eur. J., 24, 29, 7398 - 7409, 2018
DOI: 10.1002/chem.201706006.

2017

[1] A Coordination Network with Ligand-centered Redox Activity Based on facial-[CrIII(2-mercaptophenolato)3]3- Metalloligands,
Masanori Wakizaka; Takeshi Matsumoto; Atsushi Kobayashi; Masako Kato; Ho-Chol Chang, Chem. Eur. J., 23, 9919 - 9925, 2017
DOI: 10.1002/chem.201701613.