menu

A03 藤内 謙光

 藤内 謙光 公募 A03
所 属 大阪大学 大学院工学研究科
役 職 教授
連絡先 tohnai@chem.eng.osaka-u.ac.jp
研究室HP http://www.chem.eng.osaka-u.ac.jp/appl/laboratory/materials.html
研究課題 超分子複合体のらせん構造誘起によるアシンメトリック配位空間と非対称反応場の創出
研究内容 本研究では、複数の有機分子により階層的に巨大な超分子複合体を作成し、それらを自律的に組み上げることによって、らせん構造に誘起されたデザイン可能なアシンメトリックナノ空間を有する超分子多孔性物質を構築する。このような多孔性物質のナノ空間表面を配位性分子で化学修飾し、触媒金属を配位させることで高度に制御された非対称反応場を創出し、物理刺激(光、熱)を印加することにより反応が進行する高度に制御された超分子不斉ナノリアクターを創製することを目的とする。

専門分野 結晶工学、超分子化学、光化学、高分子科学
研究キーワード 多孔質構造、有機塩、超分子らせん構造、電荷補助型水素結合、ナノリアクター

研究業績

2017

[3] A Hydrogen-Bonded Hexagonal Buckybowl Framework,
I. Hisaki; N. Tohnai; H. Toda; H. Sakurai; H. Sato, Angew. Chem. Int. Ed., 56, 48, 15294 - 15298, 2017
DOI: 10.1002/anie.201708115.
[2] CO2 regulates molecular rotor dynamics in porous materials,
S. Bracco; T. Miyano; M. Negroni,; I. Bassanetti; L. Marchio; P. Sozzani; N. Tohnai; A. Comotti, Chem. Commun., 53, 7776 - 7779, 2017
DOI: 10.1039/C7CC02983G.
[1] Exclusive Formation of Bridge-Substituted [2.2]Paracyclophane by Topochemical Photocycloaddition Reaction of Unsymmetrical Substituted p-Quinodimethane,
Takahito Itoh; Fumiaki Kondo; Takahiro Uno; Masataka Kubo; Norimitsu Tohnai; Mikiji Miyata, Crystal Growth and Design, 17, 7, 3606 - 3610, 2017
DOI: 10.1021/acs.cgd.7b00580.