menu

A03 久木 一朗

 久木 一朗

公募 A03

所 属

北海道大学 電子科学研究所

役 職

准教授

連絡先

hisaki@es.hokudai.ac.jp

研究室HP

http://fnm.es.hokudai.ac.jp/index.html

研究課題

水素結合により組み上げた柔らかなアシンメトリック配位圏の構築

研究内容

本新学術領域研究では、カルボキシ基で修飾した有機機能分子を、水素結合を介して自己集合させ、内部にアシンメトリック配位圏をもつ水素結合性多孔質構造体を構築するとともに、外部刺激に対して異方的に応答できる機能材料へと展開する。具体的には、種々の環サイズをもつベンゾクラウンエーテル誘導体を用いて多孔質フレームワークを構築する。空孔内にクラウンエーテル部位が集積化した柔らかな配位圏を体系的に構築でき、さらに内部空孔を利用して外部の金属イオンやキラル分子を可逆的に挿入・脱離させ、動的で異方的な機能発現を実現する。古典的な高機能分子であるクラウンエーテルは、カチオン種に対する選択的・高親和性のため、相間輸送剤、センサー、キラルアミンの認識・分割剤など数々の用途に使われているが、高結晶性の多孔質構造体に組み入れた例は極めてまれであり、新しい科学領域へと発展できる。

 

専門分野

超分子化学、構造有機化学、有機材料科学

研究キーワード

水素結合、分子集合、多孔質構造体、有機結晶、クラウンエーテル

研究業績