menu

A03 石割 文崇

石割 文崇

公募 A03

所 属

東京工業大学 科学技術創成研究院 化学生命科学研究所

役 職

助教

連絡先

ishiwari@res.titech.ac.jp

研究室HP

http://fuku.res.titech.ac.jp

研究課題

特異な非対称配位圏を持つ「二面性ポリマー」の創成と機能開拓

研究内容

通常、高分子は、主鎖方向に沿って1本の化学結合によって連結されており「ひも状」の物質として捉えられているが、主鎖に沿って二本以上の化学結合を有するラダーポリマーは「面」を持つ「テープ状」の物質として捉えることができる。この高分子主鎖に沿った面の両面にA面、B面というように異なる性質をもたせた、非対称な「二面性ポリマー」が得られれば、様々なゲストを非対称に集積させる足場として機能する可能性がある。本研究では、最近我々が開発した柔軟な配座変化を示すラダーポリマーの合成法(F. Ishiwari et al., ACS Macro Lett. 2017, 6, 775)を基盤として「二面性ポリマー」を開発し、その特異な非対称配位圏を活かしたアシンメトリー機能の開拓を行う。

専門分野

高分子化学、超分子化学、構造有機化学

研究キーワード

ラダーポリマー、異方集積、ホストゲストケミストリー

研究業績

2019

[4] Switching of the Conformational Flexibility of a Diazacyclooctane-Containing Ladder Polymer by Coordination and Elimination of a Lewis Acid,
F. Ishiwari; M. Ofuchi; K. Inoue; Y. Sei; T. Fukushima, Polym. Chem., 11, 236 - 240, 2019
DOI: 10.1039/c9py01104h.
[3] Ultralow-Noise Organic Transistors Based on Polymeric Gate Dielectrics with Self-Assembled Modifiers,
M. Kondo; T. Uemura; F. Ishiwari; T. Kajitani; Y. Shoji; M. Morita; N. Namba; Y. Inoue; Y. Noda; T. Araki; T. Fukushima; T. Sekitani, ACS Appl. Mater. Interfaces, 11, 41561 - 41569, 2019
DOI: 10.1021/acsami.9b13056.
[2] Self-Assembly Growth of an Upright Molecular Precursor with a Rigid Framework,
S. Chaunchaiyakul; C. Zhang; H. Imada; E. Kazuma; F. Ishiwari; Y. Shoji; T. Fukushima; Y. Kim, J. Mater. Chem. C, 123, 31272 - 31278, 2019
DOI: 10.1021/acs.jpcc.9b09948.
[1] Highly-ordered Triptycene Modifier Layer Based on Blade Coating for Ultraflexible Organic Transistors,
M. Kondo; T. Kajitani; T. Uemura; Y. Noda; F. Ishiwari; Y. Shoji; T. Araki; S. Yoshimoto; T. Fukushima; T. Sekitani, Sci. Rep., 9, 9200, 2019
DOI: 10.1038/s41598-019-45559-4.