menu

A03班 景山 義之 

 景山 義之

公募 A03

所 属

北海道大学 大学院理学研究院

役 職

助教

連絡先

y.kageyama@sci.hokudai.ac.jp

研究室HP

http://wwwchem.sci.hokudai.ac.jp/~ekitai/

研究課題

有機金属触媒の非対称運動で化学エネルギー誘起型の自律的マクロ運動を実現する

研究内容

我々のグループでは、光駆動型の分子機械を利用して、顕微鏡で観察可能な大きさの動きを自律的に繰り返す物体の創出に世界で初めて成功した (Angew. Chem. Int. Ed. 2016, 55, 8239.)。この成果は、分子機械の社会実装に向けた一歩であるとともに、生物と無生物との境界にある化学現象を人工的に作り上げたという意味でも重要な学術的意義を有する。本公募研究では、上記研究の背景にある私のグループの知見と、種々の分子機械研究で先行する領域内の研究者との連携により、化学物質がもつエンタルピーをエネルギー源として駆動する、自律的運動デバイスの新規創出を目指す。具体的には、化学物質を消費し、空間的に非対称な運動を生み出す金属配位型分子機械と、その運動を時間的に遅れて伝達する集積性分子を組み合わせることで、自律的かつ巨視的な運動を実現する。

専門分野 超分子科学、有機物理化学、化学物理学
研究キーワード 非平衡現象、散逸的自律運動、触媒、微視的可逆性からの脱却

研究業績