menu

A04 二瓶 雅之

 二瓶 雅之

計画
A04

所 属

筑波大学 数理物質系化学域

役 職

准教授

連絡先

nihei@chem.tsukuba.ac.jp

研究室HP

http://www.chem.tsukuba.ac.jp/oshio/index.html

研究課題

非対称電子移動ユニットの集積による異方性電子機能の創出

研究組織

研究分担者:大塩 寛紀(筑波大学数理物質系化学域・教授)
連携研究者:志賀 拓也(筑波大学数理物質系化学域・助教)

研究内容

本新学術領域研究では、配位構造制御に基づく非対称電子移動系に着目し、それらを連結することで指向性電子移動による電子配置の変化に基づく分子の対称性制御が可能な電子系アシンメトリーユニットを構築する。さらに、このようなユニットを異方性集積することで、集積構造における電気・磁気双極子の方向制御に基づく異方性電子機能の発現を目指す。具体的には、以下の点について研究を進める(1)非対称電子移動部位を連結した多核錯体を合成し、外部刺激に誘起される分子内電子移動による対称・非対称性制御を可能とする動的電子系アシンメトリーユニットを合成する。(2)電子系アシンメトリーユニットを水素結合や配位結合で異方集積化し、集積体の次元性や対称性の自在制御法を確立する。(3)ユニットの動的非対称性に基づく電気・磁気双極子の反転に起因する異方性電子機能を探索する。

専門分野

錯体化学、無機化学、電気化学、分子磁性

研究キーワード 電子移動、多核錯体、低次元集積体、外部刺激応答

研究業績

2017

[4] Dimensionally Controlled Assembly of an External Stimuli-Responsive [Co2Fe2] Complex into Supramolecular Hydrogen-Bonded Networks,
Yoshihiro Sekine; Masayuki Nihei; Hiroki Oshio, Chem. Eur. J., 23, 22, 5193 - 5197, 2017
DOI: 10.1002/chem.201605817.
[3] A Multi-Redox Responsive Cyanometalate-Based Metallogel,
Kiyotaka Mitsumoto; Mamie M. Cameron; Rong-Jia Wei; Hiroyuki Nishikawa; Takuya Shiga; Masayuki Nihei; Graham N. Newton; Hiroki Oshio, Chem. Eur. J., 23, 7, 1502 - 1506, 2017
DOI: 10.1002/chem.201605542.
[2] Hydrogen-Bonded Cyanide-Bridged [Co2Fe2] Square Exhibiting Three-Step Spin Transition,
Masayuki Nihei; Yuta Yanai; I.-Jui Hsu; Yoshihiro Sekine; Hiroki Oshio, Angew. Chem. Int. Ed., 56, 2, 591 - 594, 2017
DOI: 10.1002/anie.201610268.

2016

[1] Ambient-Temperature Spin-State Switching Achieved by Protonation of the Amino Group in [Fe(H2Bpz2)2(bipy-NH2)],
Yang-Hui. Luo; Masayuki Nihei; Gao-Ju Wen; Bai-Wang Sun; Hiroki Oshio, Inorg. Chem., 55, 16, 8147 - 8152, 2016
DOI: 10.1021/acs.inorgchem.6b01193.