menu

A04班 谷口 耕治

 谷口 耕治

公募 A04

所 属

東北大学 金属材料研究所

役 職

准教授

連絡先

taniguchi@imr.tohoku.ac.jp

研究室HP

http://www.miyasaka-lab.imr.tohoku.ac.jp/

研究課題

非反転対称磁性体を舞台とした磁気・キラル協奏電子物性の創出

研究組織

連携研究者:宮坂等(東北大学金属材料研究所・教授)
連携研究者:阿部伸行(東京大学新領域創成科学研究科・助教)

研究内容

本新学術領域研究では、系へのキラリティ/極性の導入により空間反転対称性を破った非反転対称磁性体を設計し、磁気・キラル協奏電子物性開拓を行うことを目的とする。これまで、代表的な磁気・キラル協奏電子物性の電気磁気効果や非相反的光学効果(ex.磁気キラル光学効果)は、主に酸化物を舞台に研究されてきた。酸化物のような無機結晶固体は大型の単結晶が得やすい為、近年の精密な物性測定を通して、現象の微視的機構の理解等において顕著な進展が見られている。現在、この知見を活かした新たな物質開発が期待されるが、無機結晶固体は物質の設計性が低く、特に効果の発現に必要な空間対称性の破れの制御が困難であるという問題点を抱えている。そこで本研究では、無機磁性体に設計性の高い有機分子を融合するというアプローチにより、空間反転対称性を破った構造の有機無機ハイブリッド型磁性体を設計し、電気磁気効果や非相反的光学効果の実現を目指す。

専門分野 物性物理学、固体物性化学
研究キーワード 非相反方向二色性、磁気キラル光学効果、電気磁気効果、キラル磁性体、マルチフェロイクス

研究業績

2018

[5] Charge-Transfer Layered Assembly of a trans-Heteroleptic Paddlewheel-Type Diruthenium (II, II) Complex with a TCNQ Derivative: Electrochemical Tuning of the Magnetism,
Kouji Taniguchi; Nanami Shito; Hiroki Fukunaga; Hitoshi Miyasaka, Chem. Lett., 47, 664 - 667, 2018
DOI: 10.1246/cl.180086.
[4] Magnetic Switching by the In-Situ Electrochemical Control of Quasi-Spin-Peierls Singlet States in a Three-Dimensional Spin Lattice Incorporating TTF–TCNQ Salts,
Hiroki Fukunaga; Masanori Toniuchi; Kouji Taniguchi; Wataru Kosaka; Shojiro Kimura; Hitoshi Miyasaka, Chem. Eur. J., 24, 4294 - 4303, 2018
DOI: 10.1002/chem.201704815.

2017

[3] Magnetic Phase Switching in a Tetraoxolene-Bridged Honeycomb Ferrimagnet Using a Lithium Ion Battery System,
Kouji Taniguchi; Jian Chen; Yoshihiro Sekine; Hitoshi Miyasaka, Chem. Mater., 29, 23, 10053 - 10059, 2017
DOI: 10.1021/acs.chemmater.7b03691.
[2] The Effect of Anion-Sublattice Structure on the Displacement Reaction in Copper Sulfide Cathodes of Rechargeable Magnesium Batteries,
Yuta Tashiro; Kouji Taniguchi; Hitoshi Miyasaka, Chem. Lett., 46, 1240 - 1242, 2017
DOI: 10.1246/cl.170503.
[1] Magneto-Ionic Phase Control in a Quasi-Layered Donor/Acceptor Metal-Organic Framework by Means of a Li-Ion Battery System,
Kouji Taniguchi; Keisuke Narushima ; Kayo Yamagishi ; Nanami Shito ; Wataru Kosaka ; Hitoshi Miyasaka , Jpn. J. Appl. Phys., 56, 060307(1) - 060307(4), 2017
DOI: 10.7567/JJAP.56.060307.