menu

研究成果 (解説/総説) A04班

[すべて] [A01の成果] [A02の成果] [A03の成果] [A04の成果]

2020

[5] 金属錯体におけるプロトン共役電子移動に基づく機能発現,
小島隆彦, Organometallic News, 2, 34 - 39, 2020.
[4] ルテニウム錯体触媒による基質酸化反応機構,
小島隆彦, 触媒, 62, 6, 400 - 405, 2020.
[3] ヘキサシアノ金属錯体における電荷移動型構造相転移の理論的予測,
所裕子; 大越慎一, 理論化学会誌:フロンティア, 2, 2, 46 - 52, 2020.

2019

[2] プロトン共役電子移動に基づく金属錯体の機能創出,
, Bulletin of Japan Coordination Chemistry, 74, 9 - 18, 2019.
[1] 固体-固体相転移を利用した蓄熱セラミックスの開発,
大越慎一; 生井飛鳥; 所裕子, 化学工学会誌 特集:蓄熱技術の最前線と社会実装への挑戦, 83, 9, 506 - 509, 2019.