menu

ポスター講演を募集します:分子システム科学センター(CMS)国際シンポジウム(2017/12/5-6・九州大学)

光エネルギーの有効利用は、人類の将来を担う極めて重要な科学技術でありますが、本国際会議では Photofunctional Chemistry and Molecular Systemsをテーマに、光機能 材料、光エネルギー変換、フォトン・アップコンバージョン、光エネルギー蓄積材料をはじめとする光科学分野で世界を牽引する研究者を国内外から10 名、さらに関連研究分野における第一線の研究者を国内から多数お迎えして最先端かつ最新の成果について情報交換するとともに、internationalな研究ネットワークを構築することを目的としております。本シンポジウムではポスター講演を募集いたします。貴研究室の若手スタッフ、大学院生にもお声かけ戴けると幸いです。参加登録ならびにポスター発表は、下記の申込URLよりお申込み下さい。皆様のグループからのご参加を心からお待ちしております。

【会期】2017年12月5日(火)〜6日(水)(12/5に懇親会を開始予定)
【主催】九州大学 分子システム科学センター(CMS)
【共催】日本学術振興会 学術システム研究センター、文科省科研費助成事業 新学術領域研究「配位アシンメトリ」
【一般参加・ポスター講演申込み】https://goo.gl/forms/Yca2XBnFzP7EJlf93
【URL】九州大学分子システム科学センター(CMS)国際会議案内

【招待講演者】
Prof. Kasper Moth-Poulsen  (Chalmers University of Technology)
Prof. Jianzhang Zhao (Dalian University of Technology)
Prof. Ken Hanson (Florida State University)
Prof. Ming Lee Tang (University of California)<
Prof. Stanislav Balouchev (Max-Planck-Institute for Polymer Research )
Prof. Angelo Monguzzi (Università degli Studi Milano-Bicocca)
Prof. David Díaz Díaz (Universität Regensburg)
Prof. Pengfei Duan (Chinese Academy of Sciences)
Prof. Mitsuhiko Shionoya (University of Tokyo)
Prof. Toshiharu Teranishi (Kyoto University)


【連絡・問合先】九州大学大学院工学研究院・九州大学分子システム科学センター 君塚信夫 
E-mail: n-kimi@mail.cstm.kyushu-u.ac.jp
※当学術領域からのご参加(発表)を歓迎致します。