menu

マイページ

tahara_kazukuni 様 (ID:tahara_kazukuni)

研究成果が本領域の助成を受けたものに該当する場合は、以下の謝辞の記載をお願いします
(記載例 英文)This study was supported by JSPS KAKENHI Grant Number JP16H##### (Coordination Asymmetry).
(記載例 和文)JSPS科研費 JP16H##### “配位アシンメトリ”の助成を受けたものです

著者名は下記の表記方法に従って入力して下さい。
Given name, Middle name(イニシャル表記法), Family nameの順  例)Robert M. Smith

※2016年6月30日(公募は2017/4/1)以降にwebに掲載された論文を登録して下さい。   ※共著者が領域メンバーにいる場合は重複登録を避けるために代表者が入力して下さい

第7回領域全体会議成果報告集
  • 高解像度ロゴダウンロード (PNGデータ)
  • リンク用バナー画像ダウンロード (JPGデータ)
  • パスワード変更
    ※ページ移動後、末尾にある「新しいパスワード」の「パスワード生成」をクリックすると自動でパスワードが生成されます。
    もしくは、そこで任意のパスワードを入力していただくことも可能です。

原著論文/Reviewの情報提出一覧

2020

[4] Trapping a pentagonal molecule in a self-assembled molecular network: an alkoxylated isosceles triangular molecule does the job,
Masaru Anzai; Masahiko Iyoda; De Feyter Steven; Yoshito Tobe; Kazukuni Tahara, Chem. Commun., 56, 40, 5401 – 5404, 2020
DOI: 10.1039/D0CC01823F.
[3] Porous Self-Assembled Molecular Networks as Templates for Chiral-Position-Controlled Chemical Functionalization of Graphitic Surfaces,
Kazukuni Tahara; Yuki Kubo; Shingo Hashimoto; Toru Ishikawa; Hiromasa Kaneko; Anton Brown; Brandon E. Hirsch; De Feyter Steven; Yoshito Tobe, J. Am. Chem. Soc., 142, 16, 7699 – 7708, 2020
DOI: 10.1021/jacs.0c02979.
[2] Hierarchical two-dimensional molecular assembly through dynamic combination of conformational states at the liquid/solid interface,
Matsuhiro Maeda; Ruri Nakayama; Steven De Feyter; Yoshito Tobe; Kazukuni Tahara, Chem. Sci., 11, 34, 9254 – 9261, 2020
DOI: 10.1039/D0SC03163A.
[1] Stereospecific Epitaxial Growth of Bilayered Porous Molecular Networks,
Fang Yuan; Lindner Benjamin D.; Destoop Iris; Tsuji Takashi; Zhang Zhenzhe; Khaliullin Rustam Z.; Perepichka Dmitrii F.; Tahara Kazukuni; De Feyter Steven; Tobe Yoshito, J. Am. Chem. Soc., 142, 19, 8662 – 8671, 2020
DOI: 10.1021/jacs.0c00108.

解説/総説の情報提出一覧

著書の情報提出一覧

受賞の情報提出一覧

報道・プレスリリースの情報提出一覧