menu

マイページ

yuuya_nagata 様 (ID:yuuya_nagata)

研究成果が本領域の助成を受けたものに該当する場合は、以下の謝辞の記載をお願いします
(記載例 英文)This study was supported by JSPS KAKENHI Grant Number JP16H##### (Coordination Asymmetry).
(記載例 和文)JSPS科研費 JP16H##### “配位アシンメトリ”の助成を受けたものです

著者名は下記の表記方法に従って入力して下さい。
Given name, Middle name(イニシャル表記法), Family nameの順  例)Robert M. Smith

※2016年6月30日(公募は2017/4/1)以降にwebに掲載された論文を登録して下さい。   ※共著者が領域メンバーにいる場合は重複登録を避けるために代表者が入力して下さい

第7回領域全体会議成果報告集
  • 高解像度ロゴダウンロード (PNGデータ)
  • リンク用バナー画像ダウンロード (JPGデータ)
  • パスワード変更
    ※ページ移動後、末尾にある「新しいパスワード」の「パスワード生成」をクリックすると自動でパスワードが生成されます。
    もしくは、そこで任意のパスワードを入力していただくことも可能です。

原著論文/Reviewの情報提出一覧

2018

[5] Abnormal Sergeants-and-Soldiers Effect of Poly(quinoxaline-2,3-diyl)s Enabling Discrimination of One-Carbon Homologous n-Alkanes through a Highly Sensitive Solvent-dependent Helix Inversion,
Yuuya Nagata; Tsuyoshi Nishikawa; Michinori Suginome, Chem. Commun., 54, 6867 – 6870, 2018
DOI: 10.1039/C8CC02836B.
[4] Elucidating the Solvent Effect on the Switch of the Helicity of Poly(quinoxaline-2,3-diyl)s: A Conformational Analysis by Small-Angle Neutron Scattering,
Yuuya Nagata; Tsuyoshi Nishikawa; Michinori Suginome; Sota Sato; Masaaki Sugiyama; Lionel Porcar; Anne Martel; Rintaro Inoue; Nobuhiro Sato, J. Am. Chem. Soc., 140, 8, 2722 – 2726, 2018
DOI: 10.1021/jacs.7b11626.

2017

[3] Synthesis and Solution Properties of a Rigid Helical Star Polymer: Three-Arm Star Poly(quinoxaline-2,3-diyl),
Hirokazu Hasegawa; Yuuya Nagata; Ken Terao; Michinori Suginome, Macromolecules, 50, 19, 7491 – 7497, 2017
DOI: 10.1021/acs.macromol.7b01797.
[2] Synthesis and Catalytic Applications of a Triptycene-Based Monophosphine Ligand for Palladium-Mediated Organic Transformations,
Franco King-Chi Leung; Fumitaka Ishiwari; Yoshiaki Shoji; Tsuyoshi Nishikawa; Ryohei Takeda; Yuuya Nagata; Michinori Suginome; Yasuhiro Uozumi; Yoichi M. A. Yamada; Takanori Fukushima, ACS Omega, 2, 5, 1930 – 1937, 2017
DOI: 10.1021/acsomega.7b00200.
[1] Poly(quinoxaline-2,3-diyl) as a Multifunctional Chiral Scaffold for Circularly Polarized Luminescent Materials: Color Tuning, Energy Transfer, and Switching of the CPL Handedness,
Tsuyoshi Nishikawa; Yuuya Nagata; Michinori Suginome, ACS Macro Lett., 6, 4, 431 – 435, 2017
DOI: 10.1021/acsmacrolett.7b00131.

解説/総説の情報提出一覧

2017

[1] New Chiral Functions Based on the Dynamic Induction of Macromolecular Helical Chirality by Chiral Side Chains,
Michinori Suginome; Yuuya Nagata; Takeshi Yamamoto, J. Synth. Org. Chem. Jpn., 75, 5, 476 – 490, 2017.

著書の情報提出一覧

受賞の情報提出一覧

報道・プレスリリースの情報提出一覧

2018

[3] 左巻き右巻き高分子のナゾ解明 医薬品効率的製造一助に
京都新聞(新聞) 2018/2/21
長田裕也 (京都大学)

[2] 高分子らせん構造形成メカニズム、京大が解明 新素材開発に期待
日刊工業新聞(新聞) 2018/02/16
長田裕也 (京都大学)

[1] 高分子のらせん構造を自在にあやつる -溶媒が支配する右巻き/左巻き構造形成の仕組みを解明-
京都大学プレスリリース(Web) 2018/02/15
長田裕也 (京都大学)